>  > テールライト 99 00 01 02 Sierra 4.3L Tail Lamps Third Brake Light Bumper Fog Headlights LED 99 00 01 02 Sierra 4.3Lテールランプ第3ブレーキライトバンパーフォグヘッドライトLED

テールライト 99 00 01 02 Sierra 4.3L Tail Lamps Third Brake Light Bumper Fog Headlights LED 99 00 01 02 Sierra 4.3Lテールランプ第3ブレーキライトバンパーフォグヘッドライトLED

テールライト 99 00 01 TYPE-3 02 Sierra 4.3L Tail Lamps Third Brake Light Bumper Fog Headlights LED 99 R34 00 01 02 Sierra 4.3Lテールランプ第3ブレーキライトバンパーフォグヘッドライトLED

ウェブページ

最近のコメント

最近の記事

« トートロジーは何も語らないか | トップページ | 「自分自身を要素として持たない集合の集合」≪ラッセルパラドクスの内包と外延2≫ »

2011年1月 4日 (火)

99 Light Tail 02 テールライト 01 00 4.3Lテールランプ第3ブレーキライトバンパーフォグヘッドライトLED 01 Fog Sierra 01 Sierra Brake Headlights LED Bumper 02 4.3L 00 Lamps 99 99 Third

これまで、カントの超越論的世界観を見ることで J-AMBLE[4580412694678] RossoStyleLab ROP-36 裏起毛?防風?防寒ストレッチカーゴパンツ BE LL【送料無料】、独我論と実在論についてを考えてきたが、ここで、章を変えて、フレーゲやラッセル、ウィトゲンシュタインなどが立ち向かった論理と言語の問題を見ていくことで、独我論と実在論についての考えを深めていきたい。
現代哲学で大きな問題となっている名前と意味の問題や、無限と二値論理の問題、ラッセルのパラドックスなどのついて、それぞれに「独我論対実在論」の視点から、検討することによって、「内包と外延」「演繹と帰納」や「意義と意味」の問題を考えることにもつなげていきたい。

まず、ここでは、ラッセルのパラドクスについて考えてみたい。

 

ラッセルの手紙

まず、それぞれに論理学と数学の統一を目指していたラッセルとフレーゲの二人が スカイライン ブレーキパッド HV35 リア typeSS swift/スウィフト (VR454、その破綻を発見してしまったときの手紙を見てみよう。
ラッセルからフレーゲへの手紙抜粋(1902.6.16)
「wを、『それ自身に述語づけられない述語である』という述語だとします。このとき、wはそれ自身について述語づけられるでしょうか。いずれの答えからも、その反対が帰結します。それゆえ、wを述語ではないと結論せざるを得ません。
同様に、自分自身を要素として持たないような集合の、(一つの全体としての)集合というものも、存在しません。
このことから 【送料無料】 バッテリー エコ.アール レボリューション フレアワゴン DBA-MM21S 用 ER-55B20L/M-42 ECO.R エコアール REVOLUTION GSユアサ GS YUASA 車 カーバッテリー バッテリー交換 マツダ MAZDA GSYUASA、ある状況では 【送料無料】 225/65R17 17インチ BIGWAY ビッグウエイ TRG GB10 7J 7.00-17 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 SALE サマータイヤ ホイール4本セット、確定した集合が一つの全体を形成しないことがある、と私は結論します。」

この「『自身に述語づけられない述語である』という述語w」と「自分自身を要素として持たない集合の集合」が、ラッセルのパラドクスの2つのパターンなのであるが、パラドクスの内容としては結局同じものである・・・と言われている。本当に同じものなのか、一つずつ確かめてみよう。

パラドクス①「『自身に述語づけられない述語である』という述語w」について

「述語づける」などという言葉がとても不自然な言葉なので、変な感じがしてしまうが、意味としては通っている。
英語圏の文法では記述文は必ず「主語―述語」として捉えるものらしい。たとえば、「クロは犬だ。」という文で、「クロ」は主語であり、「犬だ」は述語である。「チビは小さい。」では、「チビ」が主語 [ ENDLESS ] ZEAL FUNCTION Xプラス 車高調 スプリングレート : ソフト仕様 WRX STI VAB ZS709XPS、

テールライト 99 00 01 02 Sierra 4.3L Tail Lamps Third Brake Light Bumper Fog Headlights LED 99 00 01 02 Sierra 4.3Lテールランプ第3ブレーキライトバンパーフォグヘッドライトLED

 


99 00 01 02 Sierra 4.3L Tail Lamps Third Brake Light Bumper Fog Headlights LED
カテゴリテールライト
状態新品
メーカーGMC
車種Sierra 1500
発送詳細送料一律 1000円(※北海道、沖縄、離島は省く)
商品詳細輸入商品の為、英語表記となります。
Condition: New
Brand: Venom Inc.
[Headlight] High Beam Bulb: Re-use Original 9005 Bulbs
Manufacturer Part Number: OEM#B3999H_1999_2000_2001_2002_R999
[Headlight] Halo Type: Crystal Sapphire
Interchange Part Number: 15218077/15199561/19169017/5978318/10385054
[Fog Light] Wiring: [Fog Light] Wiring
Other Part Number: GM2502214/GM2521174/GM2800186/GM2592110
[Fog Light] Switch: [Fog Light] Switch
Placement on Vehicle: Left, Right, Front, Rear
[Fog Light] Bulbs: [Fog Light] Bulbs
Warranty: 60 Day
[Headlight] Side: Driver&Passenger Side Provided
Fitment Type: Direct Replacement
[Tail Light] Brake: Built-In LED
Certifications: DOT, SAE
[Tail Light] Dashboard Light: Error-Free
Lens Color: Clear
[Tail Light] Parking: Built-In OLED Bar
Housing Color: Chrome, Black
[Tail Light] Reverse: Re-use Original 3157 Bulbs
[Headlight] Low Beam Bulb: 9006 Bulbs Included
[Tail Light] Side: Driver & Passenger Included
[Headlight] DOT & SAE: Approved
[Tail Light] Signal: Built-in LED
[Headlight] LED Brand: Nichia - Made In Japan
※以下の注意事項をご理解頂いた上で、ご入札下さい※

■海外輸入品の為、NC,NRでお願い致します。
■フィッテングや車検対応の有無については、画像と説明文よりお客様の方にてご判断をお願いしております。
■USのカスタムパーツは国内の純正パーツを取り外した後、接続コネクタが必ずしも一致するとは限らず、加工が必要な場合がございます。
■商品説明文中に英語にて”保障”に関する記載があっても適応はされませんので、ご理解ください。
■初期不良(到着より7日以内)のみ保証対象とします。ただし、取り付け後は、保証対象外とします。
■海外倉庫から到着した製品を、再度国内で検品を行い、日本郵便または佐川急便にて発送となります。
■お届けまでには、2~3週間程頂いております。ただし、天候次第で多少遅れが発生する場合もあります。
■商品落札後のお客様のご都合によるキャンセルはお断りしておりますが、商品落札金額の30%の手数料をいただいた場合のみお受けいたします。
■他にもUSパーツを多数出品させて頂いておりますので、ご覧頂けたらと思います。
■USパーツの輸入代行も行っておりますので、ショップに掲載されていない商品でもお探しする事が可能です!!お気軽にお問い合わせ下さい。

、「小さい」が述語。・・・つまり、「述語づける」というのは「表現する」という意味として考えてもいいもののようだ。「述語づける」を「表現する」とした方がまだ自然な感じがするので、言い変えてみよう。

w=「自身について表現していない表現である」という表現…とする。

このとき 、wは自身について表現しているか。
表現できていると仮定すると、「自分自身について表現できている」と仮定していること自体が、「自分自身を表現できていない」ことを仮定したことになってしまう。これは、矛盾だ。
表現できていないと仮定すると、「自分自身について表現していない」と仮定していること自体が、「自分自身を表現している」ことを仮定したことになってしまう。これも、矛盾する。
だから、w=「自身について表現していない表現である」という表現が間違いであったはず。
ゆえに、wなどという表現は存在しない。…と結論付けられる。

でも、「自身について表現していない表現である」などという表現のどこにも変な所は無いはずなのに、どこで間違ったのだろうか・・・・。

これが、

テールライト 99 00 01 02 Sierra 4.3L Tail Lamps Third Brake Light Bumper Fog Headlights LED 99 00 01 02 Sierra 4.3Lテールランプ第3ブレーキライトバンパーフォグヘッドライトLED

、パラドクス①である。パターン②は次考える。

つづく ラッセルパラドクスの内包と外延2

ラッセルパラドクスの内包と外延 目次

2011年1月 4日 (火) | 固定リンク

« トートロジーは何も語らないか | トップページ | 「自分自身を要素として持たない集合の集合」≪ラッセルパラドクスの内包と外延2≫ »

コメント

コメントを書く