LSD 270 L2 CUSCO LSD type RS リア 2way(1.5&2way) ニッサン ステージア WGNC34 1996.9~2001.10 RB25DET 2500T 4WDが種類豊富な品揃え


LSD 270 L2 CUSCO LSD type RS リア 2way(1.5&2way) ニッサン ステージア WGNC34 1996.9~2001.10 RB25DET 2500T 4WD入荷待ち

コントロールは、一般的にデフォルトの状態でもある程度使えますが
場合によっては、

MONZA JAPAN Baker ホイール 1台分 4本セット ライフ JC系(14インチ 4.5J 4穴 P.C.D100 INSET 45 ブラック)

LSD 270 L2 CUSCO LSD type RS リア 2way(1.5&2way) ニッサン ステージア WGNC34 1996.9~2001.10 RB25DET 2500T 4WD
アクティブ ACTIVE ハイスロKIT TYPE-3 テフロンインナー 巻取φ32 Gメタ TRIUMPH STREET TRIPLE 07 1067320![ホイール1本(単品)] SSR / EXECUTOR EX04 (FLC) 20インチ×9.0J PCD:112 穴数:5 インセット:20.【関西、関東限定】取付サービス品フロントリップ【ギブソン】【1・2型ハイエース200系ノーマルボディ】GIBSONフロントリップスポイラー(フィン有・カーボン製) [070]パールホワイト,brembo ブレンボ ブレーキディスク リア プレーン ボルボ S60 RB5244 RB5254 01/01~11/03 08.7765.11 ブレーキディスクローター ブレーキローター ディスクローター 交換 部品 メンテナンス 車 パーツ ポイント消化

LSD 270 L2 CUSCO LSD type RS リア 2way(1.5&2way) ニッサン ステージア WGNC34 1996.9~2001.10 RB25DET 2500T 4WD

、特殊な動作が要求されることもあります
とくに、商用のアプリケーションともなればデフォルトの状態の完成度では
コントロールの使い勝手が悪く、売り物にならないということもあります

よりアプリケーションの目的に合った動作をコントロールに求めるには
コントロールの一部のメッセージ処理を変更するということが望まれます

一般に、あるウィンドウクラスのウィンドウは全てが同じウィンドウプロシージャを使います
しかし、基本的な動作は全て同じだが、ある動作だけ異なるウィンドウを作りたい場合
これだけでは、多様性に欠けています

そこで 【ベレッツァ Bellezza】シフォンカスタム (4人乗) 等にお勧め セレクションシートカバー 型式等:LA600F / LA610F 品番:D737、単一のウィンドウやコントロールにいわゆる個性を持たせることによって
特別な処理ができるようにする方法が ウィンドウのサブクラス化 です

コントロールにも、当然ウィンドウプロシージャが存在します
しかし、ウィンドウプロシージャの正確な位置はわかりませんでした
これは GetWindowLong() 関数で GWL_WNDPROC を指定して得ることができます

と、同時に SetWindowLong() という関数も存在するのです
この関数を用いればウィンドウプロシージャのすり替えができてしまいます

LONG SetWindowLong(HWND hWnd , int nIndex , LONG dwNewLong);

hWnd には設定するウィンドウやコントロールのハンドルを
nIndex は 『31番のみ』 ラパン用 パネル リヤスカート 65400-85K00 FIG611b スズキ純正部品、どの値を設定するかを示す定数を指定します
dwNewLong は、新しく設定する値を指定します

関数が成功すれば、以前設定されていた値が返り、失敗すれば 0 が返ります
nIndex に指定する定数は GetWindowLong() 関数と同じです

これで、自作のウィンドウプロシージャをコントロールに採用させることができます
しかし、全ての処理を変更するというケースはごくまれでしょう
//それならば、ウィンドウクラスを定義して独自ウィンドウを作るべきだ

通常は、本来コントロールが持っているウィンドウプロシージャの機能に
独自の機能を上乗せする、または一部の処理を変更する程度のはずです
DefWindowProc() のように 【Dotty】 GT-PRO シートカバー 1台分 ムーヴ (4人乗り)にお勧め! LA100S、LA110S系 H25/01→H26/12 品番:8104 DIXCEL アテンザスポーツワゴン GH スポーツパッド リア Z Type GH5FS 25Z (18インチホイール)、興味のないメッセージは本来の機能にまかせたいものです
そこで、プロシージャを変更する前にあらかじめ GetWindowLong() 関数で
コントロールのウィンドウプロシージャのアドレスを取得しておきます

このアドレスを CallWindowProc() 関数で用いることで
興味のない処理部分を従来のウィンドウプロシージャにたくすことができます
LRESULT CallWindowProc(
WNDPROC lpPrevWndFunc,
HWND hWnd,
UINT Msg,
WPARAM wParam,
LPARAM lParam
);
lpPrevWndFunc に ディクセル ブレーキローター PD(プレーンディスク) フロント左右セット サニー B15/QB15/SB15 3211261 DIXCEL ディスクローター ブレーキディスク【店頭受取対応商品】、呼び出すウィンドウプロシージャのアドレスを指定します
それ以外は、WNDPROC 型の引数と同じなので省略します
 <windows.h>
WNDPROC DefStaticProc;
LRESULT CALLBACK StaticProc(HWND hwnd , UINT msg , WPARAM wp , LPARAM lp) {
(msg) {
WM_NCHITTEST:
(GetKeyState(VK_LBUTTON) < 0)
MessageBox(
hwnd , TEXT("Kitty on your lap") ,
TEXT("Kitty") , MB_OK
);
0;
}
CallWindowProc(DefStaticProc , hwnd , msg , wp , lp);
}
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hwnd , UINT msg , WPARAM wp , LPARAM lp) {
HWND rect_box;
 (msg) {
WM_DESTROY:
PostQuitMessage(0);
0;
WM_CREATE:
rect_box = CreateWindow(
TEXT("STATIC") , TEXT("Kitty") ,
WS_CHILD | WS_VISIBLE ,
0 , 0 , 200 , 45 ,
hwnd , (HMENU)1 ,
((LPCREATESTRUCT)(lp))->hInstance , NULL
);
DefStaticProc = (WNDPROC)GetWindowLong(rect_box , GWL_WNDPROC);
SetWindowLong(rect_box , GWL_WNDPROC , (LONG)StaticProc);
0;
}
DefWindowProc(hwnd , msg , wp , lp);
}
WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance , HINSTANCE hPrevInstance ,
PSTR lpCmdLine , nCmdShow ) {
HWND hwnd;
MSG msg;
WNDCLASS winc;
winc.style= CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
winc.lpfnWndProc= WndProc;
winc.cbClsExtra= winc.cbWndExtra= 0;
winc.hInstance= hInstance;
winc.hIcon= LoadIcon(NULL , IDI_APPLICATION);
winc.hCursor= LoadCursor(NULL , IDC_ARROW);
winc.hbrBackground= (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
winc.lpszMenuName= NULL;
winc.lpszClassName= TEXT("KITTY");
(!RegisterClass(&winc)) -1;
hwnd = CreateWindow(
TEXT("KITTY") , TEXT("Kitty on your lap") ,
WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE ,
CW_USEDEFAULT , CW_USEDEFAULT ,
CW_USEDEFAULT , CW_USEDEFAULT ,
NULL , NULL , hInstance , NULL
);
(hwnd == NULL) -1;
while(GetMessage(&msg , NULL , 0 , 0)) DispatchMessage(&msg);
msg.wParam;
}


マウスを左クリックするとダイアログを表示するスタティックコントロールです
本来スタティックコントロールは入出力を受けつけていませんが
このように独自のウィンドウプロシージャを用いて処理させることができます

当然、本来の機能である描画などは従来のプロシージャが行っています

Windows Internet Explorer などのスクロールバーを右クリックするとポップアップが出たり
キーボードの上下キーでスクロールしたりするスクロールバーを作るには
このように、サブクラス化して機能を拡張する方法が取られます


SetWindowLong()

LONG SetWindowLong(HWND hWnd , int nIndex , LONG dwNewLong);

ウィンドウの属性を変更します

hWnd - ウィンドウのハンドルを指定します
nIndex - 変更する属性を表す定数を指定します
dwNewLong - 新しく設定する値を指定します

戻り値 - 成功すると前に設定されていた値 、失敗すると 0

nIndex には次の値を指定します

定数解説
GWL_EXSTYLE拡張ウィンドウスタイルを取得します
GWL_STYLEウィンドウスタイルを取得します
GWL_WNDPROCウィンドウプロシージャのアドレス
またはウィンドウプロシージャのアドレスを示すハンドルを取得します
GWL_HINSTANCEアプリケーションのインスタンスハンドルを取得します
GWL_HWNDPARENTアプリケーションのインスタンスハンドルを取得します
GWL_IDウィンドウの ID を取得します
GWL_USERDATAウィンドウに関連付けられた
アプリケーション定義の 32 ビット値を取得します
hWnd にダイアログボックスを指定している場合は
次の値を指定することもできます

定数解説
DWL_DLGPROCダイアログボックスプロシージャのアドレスを設定します
DWL_MSGRESULTダイアログボックスプロシージャ内で処理された
メッセージの戻り値を設定します
DWL_USERハンドルやポインタなどの、、アプリケーション固有の拡張情報を設定します

CallWindowProc()

LRESULT CallWindowProc(
WNDPROC lpPrevWndFunc,
HWND hWnd,
UINT Msg,
WPARAM wParam,
LPARAM lParam
);
指定したウィンドウプロシージャにメッセージを渡します

LSD 270 L2 CUSCO LSD type RS リア 2way(1.5&2way) ニッサン ステージア WGNC34 1996.9~2001.10 RB25DET 2500T 4WD【全商品オープニング価格】



lpPrevWndFunc - ウィンドウプロシージャのポインタを指定します
hWnd - メッセージを受け取るウィンドウのハンドルを指定します
Msg - メッセージを指定します
wParam - メッセージの追加情報を指定します
lParam - メッセージの追加情報を指定します

戻り値 - メッセージ処理の結果が返ります



【プロミュー】送料無料【project mu】 BMW 3シリーズ EURO SPORTS Excellence ブレーキパッド リア 13/06~ BMW F34(ハッチバック) 335i Gran Turismo 3X30 Thule クリップオンハイ TH9106 [剛性]ZRE/NZE140系 カローラアクシオ(フロント)用STDタワーバー 【送料無料】 235/50R18 18インチ WORK ワーク グノーシスGR 204 7.5J 7.50-18 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 SALE サマータイヤ ホイール4本セット【YOsum19】前のページへ 戻る デイトナ ハイパフォーマンスバッテリー MFバッテリー 【FZ6-S Fazer用】 DYT12B-4 DAYTONA次のページへ




{yahoojp} {wisdom.sakura.ne.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-64465